MMORPG【RED STONE】星鯖無制限G「星の船」の航海日誌

Copyright © 2013 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
License to GameOn Co., Ltd.
※当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい

RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
vs晴れたり曇ったり様
■9/7(金)
■晴れたり曇ったり(黒300)
■アリーナ23:08〜
■禁止/なし
■2粒の涙

晴れたり曇ったり様は初めて戦わせて頂きました!
強かったー(*゚▽゚*)
黒執事メンバーがいなかったら全滅してましたねw



晴れたり曇ったり様、対戦ありがとうございました!! 
author:キャプテンカザン, category:GVG, 23:17
comments(0), trackbacks(0), -
vsNatural⇔High様
■9/6(木)
■Natural⇔High様(橙250)
■アリーナ23:11〜
■禁止/なし
■砂漠の遺跡

本日は赤石海賊団の初戦でした!



まだまだ参加が少ないので募集頑張ります!
Natural⇔High様対戦ありがとうございました!
author:キャプテンカザン, category:GVG, 23:51
comments(0), trackbacks(0), -
伝説の剣を求めて!
 皆さん初めまして!オレが【×緑鯖海賊団×】の船長、


キャプテンカザンだ!!


































!?











遡ること1年ほど前、既に【×緑鯖海賊団×】は存在していた!

彼はレアな海賊旗(紋章)や船(Gホール)を手にいれるため全財産を使ったのだ









貧乏な船長と数少ない仲間達の航海はここから始まったのだった

















しかし・・・









船は無残にも沈没したのであった・・










だが!!










彼は生きていた!!










そして悟ったのだ


「伝説の剣」(速度シャムシールDX)さえあればもう沈没なんてさせない!!


仲間も失うことなんてないんだ!!・・・と・・・























彼はなけなしのお金で武器を買った


























































80Nだった





















伝説の剣を手にいれるべく彼は日々狩りに没頭した





















そんなある日・・・





















いつものように狩りをしていたカザン・・・

























































































大切な武器を池に落としてしまったのだ!!



























ご存知の方もいるかもしれないが、そう、彼は一応これでも悪魔の実の能力者なのだ!





















わかるだろ?





















泳げないんだ!!(;´Д`)





















彼は座り込み、しばらく呆然としていた













するとその時!!
















!?!?!?!?







ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ






どーーーーーーーーん







池の中からセイジ神様らしき人が現れたのだ!










神様「ふぉっふぉっふぉっ」










ぎゃー!!おばけー!!しかもでけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!










神様「これ、慌てるでない!ワシはこの池の主である!」










へ!?










神様「お主が今落とした斧はこの金の斧か?それとも銀の斧か?」











!?!?!?!?!?






こ、これ・・・・







聞いたことある!!!







た、確か正直に言うとスゲー斧が貰えるやつじゃね!?













うおおおおおおおおおおおおおお、おとぎ話だと思ってたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!













神様「さぁ、どっちの斧じゃ?」















ぼ・・僕が落としたのは・・・・











ただの
薪割り斧ですぅぅぅぅぅ!!!










神様「ふぉっふぉっふぉっ、お主は正直者じゃな!ワシは正直者が大好きじゃ!おまえにはこの伝説の斧
やろう!!」












キタ━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━!!































author:キャプテンカザン, category:-, 17:05
comments(2), trackbacks(0), -